ソースネクスト子会社のポケトーク(東京・港)は11月14日、ベンチャーキャピタル(VC)や事業会社など4社から計16億円を調達したと発表した。翻訳機「ポケトーク」シリーズの開発・販売体制を強化していくのが主な狙い。さらに描くのが、国内外のユーザー同士がオンライン上で交流するソーシャルゲーム市場の開拓だ。

 ポケトークの第三者割当増資に応じたのは、コーエーテクモホールディングス(HD)傘下のコーエーテクモキャピタル(横浜市)、モバイル通信サービスのエクスコムグローバル(東京・渋谷)、ベンチャー投資ファンドのDIMENSION(東京・港)、フォースタートアップスキャピタル合同会社(東京・港)の4社。ポケトークとしての資金調達額は今年2月の設立以降、累計で30億1000万円となった。

 調達資金は、同社が手掛ける「ポケトーク」シリーズの開発体制の強化に加え、広告や宣伝、マーケティング、販売活動を担う人材の採用に充てる。

 ポケトークが2017年に発売した携帯翻訳機「ポケトーク」の累計販売台数は、現時点で100万台弱に上る。製品・サービスの数も増やしており、22年1月にはリモート会議向けのAI(人工知能)翻訳・字幕ソフト「ポケトーク字幕」を発売。5月にはスマートフォン向けアプリ「ポケトーク」の提供を始めた。さらに、年内にもパソコン向けの同時通訳ソフト「ポケトーク同時通訳」を投入する予定だ。

 こうした一連の製品開発に加え、目線の先にあるのはオンラインゲーム市場の開拓だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り520文字 / 全文1161文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。