予約をした客が店に姿を現さない「No show」で逮捕者が出た。警視庁丸の内署は11月11日、居酒屋の予約を無断キャンセルしたとして、職業不詳の男を偽計業務妨害容疑で逮捕した。男は2019年6月、東京・有楽町の居酒屋に偽名を使って電話し、飲み放題付き1万3000円のコース17人分を予約したが、来店しなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1878文字 / 全文1898文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。