経営再建中のジャパンディスプレイが11月13日、連結決算を発表。2019年7~9月期の営業赤字は4~6月期に比べて縮小したが、アップル依存の構図は変わらない。債務超過解消へ資本提携の交渉も遅れている。10月末の目標は達成できず、12月にずれ込む可能性も出てきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1298文字 / 全文1307文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。