フィンテックベンチャーのフィナテキストホールディングス(東京・千代田)は11月13日、MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険と業務提携し、保険業に参入する意向を表明した。「ミニ保険」といわれる少額短期保険を中心に開発し、来春の商品ローンチを目指す。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 保険の利用は少し縁遠いという人もいるかもしれない。例えば、海外旅行の際にかける保険や、レンタカーを借りる際の保険といえば、利用したことがある人もいるだろう。

 少額で短期間に限った保険の需要はあるものの、一から設計するには手間や資金が必要になる。そこに目を付けたのがフィナテキストだ。商品設計の裏方を担当。企業が簡単に自前の保険を組み立てることができる仕組み作りを目指す。

 例えば、最近ニュースでもよく見る「飲食店の予約客が連絡なしにドタキャン」などのケース。保険で損害がカバーされるとなれば、加入したいと考える予約サイトや店舗も多いだろう。

 「ユーザーに使われる金融サービスの拡充を意識している」とフィナテキストホールディングスの林良太CEO(最高経営責任者)は語る。

 フィナテキストはすでに、証券業務のインフラを裏方として管理・運用するプラットフォームを立ち上げている。同社が用意するプラットフォームを使えば、証券会社として登録していない企業でも、株式や投資信託を取り扱える。11月12日にクレディセゾンが自社カードの会員向けにスマホ証券サービスをスタートしている。(フィンテックで「誰でも証券会社」 ベンチャーがプラットフォーム

 「誰でも証券会社」に続くサービスとして注力するのが「誰でも保険会社」というわけだ。業務提携するあいおいニッセイ同和損保も「これまでは代理店経由の販売が多かったが、自由度の高い商品設計で顧客のすそ野拡大に期待したい」(経営企画部の小泉泰洋・担当部長)と目的を語る。

 フィナテキストは認可などを経たうえで、「来春には商品を出したい」(フィナテキストの河端一寛氏)意向だ。

 EC(電子商取引)など中小企業や個人の売買が活発になり、それに伴うトラブルも増えつつある。設計の自由度が高いミニ保険が登場すれば、ネットを介した売買などがさらに活性化するかもしれない。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。