投資ファンドのユニゾン・キャピタルは11月11日、インド後発薬大手のルピンから傘下の共和薬品工業(大阪市北区)を約570億円で買収すると発表した。ルピンは相次ぐ薬価改定で市場の成長が期待できない日本市場に見切りをつけた格好だ。一方、12日に日経ビジネスの単独インタビューに応じた共和薬品の角田礼昭社長は「我々はもう後発薬メーカーではない。CNS(中枢神経系)に特化した総合ヘルスケアカンパニーになる」と新たなステージを目指すと宣言した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1581文字 / 全文1597文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。