ダイハツ工業は独自の通信サービス「ダイハツコネクト」にながら運転を防ぐ機能を導入
ダイハツ工業は独自の通信サービス「ダイハツコネクト」にながら運転を防ぐ機能を導入

 運転中に携帯電話を操作する「ながら運転」を厳罰化する改正道路交通法が12月1日に施行される。スマートフォンの画面を注視したり、手に持って通話したりすると、普通車ではこれまでの6000円の反則金が1万8000円となる。交通事故といった危険に結びつくと、即刻、免許停止処分を受けることとなる。

 ただ、配送業者が配達先の情報を確認するなど、運転席でスマホを操作してしまいがちなケースもあるのが現実。次の地点に移動する際、カーナビに目的地を入力するより、スマホの地図アプリを使った方が簡単だと感じるドライバーも少なくない。そのため法人向けの需要をターゲットに、ながらスマホの防止を目的とした新たなサービスも生まれている。

 三井住友海上が配送業者などの企業向けに開発したのが、運転時にスマホの操作を停止するアプリだ。保険の契約者向けに12月から無料で提供する。使用する車に専用の機器を設置するとスマホの専用アプリが起動。それを機器のセンサーが検知すると、アプリがスマホをロックする。運転中は着信が不可能となるなど、スマホの操作ができなくなる。「免停など処分が厳しくなったことで、企業からの引き合いは強い」(同社)という。ながらスマホが原因となる交通事故を未然に防ぎ、保険料の支払いを抑える狙いもある。

 ダイハツ工業は11月に発売した新型車「ロッキー」からオプションで搭載を始めた独自の通信サービス「ダイハツコネクト」に、スマホの地図アプリとカーナビを接続した場合、スマホの画面をロックし操作できないようにする機能を導入した。カーナビの画面でスマホの地図アプリを使えるようにし、安全性とドライバーの利便性を両立させる考えだ。

 警察庁によれば携帯電話の使用に関連した交通事故の件数は2018年に2790件で、08年の1299件から2倍以上に増えた。携帯電話の使用の有無で死亡事故の比率は約2.1倍の差があるという。事故自体を減らすといった社会的な意義を果たすのに加え、配送業者などの顧客をつなぎ留めるためにも、「ながらスマホ」対策のサービスや新たな機器の開発競争は活発になりそうだ。

 ちなみに「ながら」の厳罰化は運転中のカーナビの注視や操作も含まれる。新たなサービスでスマホがロックされていても、運転中は常に前方・周囲への注意が必要なことは変わらない。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。