全920文字

トヨタ自動車は7日、2019年4~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比4.2%増の15兆2855億円、純利益は同2.6%増の1兆2749億円で過去最高益を更新した。資本関係を強化したマツダやスズキが相次ぎ業績の下方修正を発表する中、トヨタ一強時代に投入しつつある。トヨタは「仲間つくり」と強調するが、仲間とするトヨタのサプライヤーや完成車メーカー各社はついてこられるだろうか。