文藝春秋は11月7日、総合月刊誌「文藝春秋」のオンライン定期購読サービス「文藝春秋digital」を、メディアプラットフォームである「note」を利用して同日から開始したと発表した。メディアでは常識とされてきたウェブサイトの自社開発を捨て、外部プラットフォームを利用したコンテンツ配信に舵(かじ)を切る。

記者会見したピースオブケイクCEOの加藤貞顕氏(左)、「文藝春秋 digital」プロジェクトマネージャーの村井弦氏(中)、「文藝春秋」編集長の松井一晃氏(右)
   

 月刊「文藝春秋」は1923年に菊池寛が創刊した月刊誌。芥川賞を年に2回発表、掲載する媒体としても知られる。日本雑誌協会による印刷証明付き発行部数は39万7833部(2019年1月から3月の平均)で、総合月刊誌としては日本でトップの部数を誇る。

 noteはピースオブケイクが運営するオンライン上のサービスで、クリエーターが文章や音声などを自由に投稿できる。2014年にサービスを開始し、月間アクティブユーザーは2000万人に達した(2019年9月時点)。

 文藝春秋は法人向けプランである「note pro」を利用する。同社はピースオブケイクに対してnote proの月額利用料5万円(税抜き)とnote活用におけるコンサルティングフィーを支払う(金額は非公表)。

 月刊「文藝春秋」のほぼ全ての記事をnoteで原則有料で配信する。記事1本当たり100円または200円、配信した全ての記事を閲覧できる月額プランは900円(いずれも税込み)。これまで月刊「文藝春秋」は、キンドル版の販売や、同社のポータルメディアである「文春オンライン」での関連記事の配信には取り組んできたが、雑誌のコンテンツをほぼ全てデジタル化するのは初めてだ。

 同日に会見した月刊「文藝春秋」の松井一晃編集長は「我々が(雑誌の中で)どんなに面白いことをやっても、コンテンツの流通革命の中で、知ってもらえないという状況がある」と文藝春秋digitalを開発した背景を語った。まずは運用コストを賄える分として、2000〜3000人の月額会員の獲得を目指す。

 ピースオブケイクの加藤貞顕CEOは「我々は『誰もが創作を始め、続けられるようにする』ことをミッションとしている。菊池寛が若いクリエーターのために「文藝春秋」を創刊したのと(志が)同じだ。創作を始めるのは簡単だが、続けるのが難しい。ビジネスも記事の流通の面でも。一緒に仕事ができることを光栄に思う」とコメントした。

noteで記事を配信する「文藝春秋digital」。11月7日16時半時点で248記事が公開されている

 文藝春秋digitalのプロジェクトマネージャーを務めるのは31歳の村井弦氏。「週刊文春」や月刊「文藝春秋」で数々のスクープ記事を書いたエース記者だ。同誌の中では若手であり、抜てき人事である。松井編集長は「コンテンツを届けたい層と同じ世代の人間が(中心になって)進めるのが、浸透させるための一番の道筋ではないかと考え、彼に任せた」と語る。

 なぜ内部開発を捨ててnoteと組んだのか。これからデジタルでどんなコンテンツを企画していくのか。村井氏に聞いた。

村井弦氏「文藝春秋digital」プロジェクトマネージャー
2011年4月に株式会社文藝春秋に入社。「週刊文春」編集部に配属。全聾(ぜんろう)の作曲家ともてはやされた佐村河内守にゴーストライターがいたことを暴いた「全聾の作曲家はペテン師だった!」などの記事を担当した。2015年7月、「文藝春秋」編集部。「許永中の告白『イトマン事件の真実』」、「自殺・近畿財務局職員父親の慟哭手記 息子は改ざんを許せなかった」などの記事を担当。2019年7月から現職
  

村井さんが「文藝春秋digital」に関わることになった経緯を教えてください。

村井弦・文藝春秋digitalプロジェクトマネージャー(以下、村井氏):私が辞令を受けたのは今年7月でした。去年7月に松井が編集長に就任していて、正式な内示が出る前に、松井から「『雑誌としての』オンラインメディアを作りたいので、責任者になってくれないか?」と打診があったんです。

辞令を受けた際の「文藝春秋digital」の前提条件は? 御社は月間で2億ページビューを超える「文春オンライン」を持っています。週刊文春だけでなく月刊「文藝春秋」の記事も一部、配信されています。御社のポータルとしての位置付けだったのでは。

村井氏:条件は一つだけ。「コンテンツ課金がしたい」と。おっしゃる通り、「文春オンライン」ですでに月刊「文藝春秋」の関連記事の一部を配信していますが、基本的に無料です。「Number WEB」も一部課金していますが、全体では無料の記事が圧倒的に多い。当社として、デジタルでのコンテンツ課金はほとんど例がありません。そこにチャレンジしたいと。

続きを読む 2/3 「自前だと億単位の投資が必要だった」

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。