ダイハツ工業は11月5日、同日より発売する小型多目的スポーツ車(SUV)の「ロッキー」を発表した。OEM(相手先ブランドによる生産)で提供するトヨタ自動車からは「ライズ」として販売される。

ダイハツ工業は11月から小型SUVを販売する(5日、東京都中央区、写真中央は松林淳取締役)

 5日、都内で開催された発表会でダイハツ工業の松林淳取締役は「『良品廉価』の考えをもとに、みなさんに先進技術を届けたい」と述べた。ロッキーの投入によりダイハツは主力の軽自動車「タント」などから車幅の広いタイプへと車種を拡充でき、「キャンプなどの趣味を持つ人に乗ってもらえる」と松林氏は意気込む。

 今回のロッキーにはダイハツとして初めて、スマートフォンと車がつながる機能「ダイハツコネクト」を搭載した。ダイハツコネクトを利用すれば、例えば商業施設の駐車場で車を止めた場所をスマホから確認でき、故障時には正規販売店へ即座に連絡できる。

ダイハツコネクトは顧客のスマホを利用する

 通常、こうしたコネクテッドサービスを利用する際には搭載した専用通信端末がインターネットと接続する。トヨタは国内で売るほぼすべての車種にDCMと呼ばれる車載通信機を標準搭載する予定で、走行情報など収集したデータをもとに多様なサービスを展開していく考えだ。

 一方、ダイハツコネクトでは顧客のスマホが「ネット端末」となる。「車の価格を上げずにつながる車の機能を実現でき、スマホの経路検索アプリをそのまま車内でも使える」(ダイハツ)といったメリットがある。スマホのデータ通信量が膨らみすぎないよう、車内で利用できるWi-Fiサービスも最初の3年間は月1ギガバイトの利用プランを無料とした(以降は月250円)。

 今回のロッキーはプラットフォームを共通化することで生産コストを抑えた開発手法「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用した。ダイハツの滋賀工場では軽自動車の生産が中心だったが、「サイズの違う小型車も効率よく生産できるようになった」と車両開発本部の寺前英樹本部長は話す。

 CASEの対応には巨額の開発投資がかかるとされ、車体価格などの上昇につながる可能性は高い。ダイハツはつながる車の分野で大手メーカーと違った手軽に使える方法を用い、顧客の負担を減らしながら、最新の機能を提供したい考えだ。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。