11月1日朝、フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」を積んだ航空便が羽田空港に到着した。今年の解禁日は11月21日。日本への輸入量は2013年以降、7年連続の前年割れになるとみられるものの、「イベントとして定着したことに加え、ワイン愛好家は毎年どんな味か確認している」(メルシャン)など底堅い需要がある。

2019年のボージョレ・ヌーボーが到着した
2019年のボージョレ・ヌーボーが到着した

 ボージョレ・ヌーボーはフランスのボージョレ地区でその年に生産されたワイン。11月の第3木曜日に販売と消費が解禁されるため、今年は21日となる。1日午前6時半ごろ、サントリーワインインターナショナルが扱うジョルジュ・デュブッフ社のボトル約3200本が到着した。

 バブル期には時差の関係で「世界一早い解禁日」と銘打ったイベントが開かれるなど一大ブームになったボージョレ・ヌーボー。バブル崩壊後、下火になったが、「過去100年で最高の出来」とされた03年の翌04年に104万ケースを記録。その後、03年よりも出来が良く「21世紀最高」と評された11年の翌年の12年に、輸入量は再び増え、74万ケース(メルシャン調べ)となった。

 その後はまた前年割れが続き、撤退する企業も出た。キッコーマンは、17年を最後にボージョレ・ヌーボーの輸入をやめ、現在は日本産のワインやより付加価値の高い輸入ワインにシフトしている。

 メルシャンは、今年の輸入量は40万ケース前後と前年比2割減程度と予測する。一方で、「ロゼに限ると自社計画では25%増える見通し」(メルシャン)という。サントリーも全体での輸入量は前年比9%減るが、今年新たに同じブドウを使ったスパークリングワインの取り扱いを始める。バリエーションを増やして需要を喚起する。

 サントリーによると、今年のボージョレは「イチゴやラズベリーのような赤い果実をそのままかじったようなピュアでフレッシュな味わい」という。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。