2019年1月にアイルランドの製薬大手シャイアーを約6兆2000億円で買収した武田薬品工業。膨張した有利子負債をどう減らしていくかは大きな課題だが、10月31日の決算会見でクリストフ・ウェバー社長は「19年度に予定していた負債は上期に繰り上げて返済した。統合作業も極めて順調」と強調してみせた。そもそもシャイアーを取り込んだ理由の1つは、血液製剤の1つである血漿(けっしょう)分画製剤事業を手に入れることにあった。なぜ、ウェバー社長はこの事業に入れ込むのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2658文字 / 全文2673文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。