エーザイが2019年3月に臨床試験を中止すると発表していたアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」を、一転、20年初頭に米国で承認申請すると発表して約1週間。同社が10月30日に開いた決算説明会で、内藤晴夫CEO(最高経営責任者)は認知症領域での今後の展望について、自信たっぷりに語った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1966文字 / 全文1980文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。