全2249文字
「我々はピンチに強い会社。ピンチをチャンスにする」と言う日本電産の永守重信会長CEO(最高経営責任者)(写真:共同通信)

 永守流の「負けない経営」が当たった決算だった。

 日本電産は10月26日、2020年4~9月期決算を発表した。売上高は7517億9400万円(前年同期比0.1%増)、営業利益は691億8000万円(同12%増)の2桁増益となった。21年3月通期も従来予想を売上高で500億円、営業利益は150億円上方修正し、それぞれ前期比1%増の1兆5500億円、同29%増の1400億円と増収増益を見込む。米中貿易摩擦の影響を受けた昨年第4四半期(今年1~3月期)、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が沈滞した今第1四半期(4~6月期)の業績停滞を一気に突破した格好だ。

 業績回復の柱は、電気自動車(EV)向けの駆動モーターとそのシステムなど車載事業、そしてデータセンターのハードディスク用や、ノートパソコン向けのモーター、ファンなど。

 永守重信・会長CEO(最高経営責任者)は「自動車市場は(コロナ禍の発生当初と比べると)ずいぶん落ち着いた。(需要が)戻るものは戻る。だが、マーケットは変わった。売れないものがある一方で新市場もある。今後はEVが増え、ガソリン車との比率が変わるだろう」とEV分野には特に自信をのぞかせた。