公設秘書が地元支援者の通夜で香典を手渡した疑惑が浮上していた菅原一秀経済産業相が25日、辞任に追い込まれた。菅原氏は十数年前に選挙区内の有権者にメロンやカニなどの贈答品を配った疑惑が先に報じられたばかり。政権内や有識者からは「あまりに自覚がない」「グレーはアウトになる時代との再認識が必要」といった声が出ている。

 菅原氏の「香典疑惑」は24日発売の週刊文春が報じた。菅原氏の公設秘書が17日、地元の東京都練馬区で行われた支援者の通夜会場で2万円が入った香典を手渡したとの内容だ。

就任後わずか1カ月半ほどで辞任となった菅原経産相(写真:ロイター/アフロ)
就任後わずか1カ月半ほどで辞任となった菅原経産相(写真:ロイター/アフロ)

 公職選挙法は政治家本人が出席した際に持参する結婚祝いや香典を除き、選挙区内での寄付行為を禁じている。菅原氏は辞表提出後の記者会見で「台風19号の閣僚会合が入ったため、そちらを優先しなくてはならず、翌日の葬儀に自ら出席して弔意を申し上げた。結果として秘書が香典を出した。翌日、確認せずに私も香典を持って行った」などと釈明した。

 菅原氏を巡っては、先に選挙区内の有権者にメロンやカニなどの贈答品を配った疑いも報じられていた。政権内では「十数年も前のことだ」と楽観視する向きもあったが、新たな香典疑惑の浮上で状況が一変した。

 菅原氏は25日午前の衆院経産委員会で経緯を説明するとしていた。だが、野党側が納得できる説明がない限り国会審議に応じない姿勢を強め、政府・与党内でも早期の辞任を求める声が広がっていた。

 自民のある閣僚経験者は「メロンやカニの問題で追及されている最中に香典問題を起こすのだから、事務所も含め自覚がなさ過ぎる」と突き放す。

 国会議員による選挙区の有権者への贈答品の扱いを巡っては、これまで何度も問題になってきた。例えば2014年には当時の松島みどり法相が地元の祭りで自らの似顔絵などが描かれた「うちわ」を配布したとして閣僚を辞任している。

党内力学に影響を及ぼす可能性も

 政治とカネの問題に詳しい日本大学の岩井奉信教授は「贈答品や慶弔費を巡る問題で事件化されることまではないとしても、今回の菅原氏のように閣僚の辞任に追い込まれるなど責めを負うことになる。グレーな支出はアウトになるということを政治家は改めて自覚すべきだ」と指摘する。

 菅原氏は無派閥で菅義偉官房長官の側近として知られ、9月の内閣改造で初入閣した。就任から1カ月半ほどで重要閣僚が辞任する事態となり、政権への打撃は小さくない。

 安倍晋三首相は25日午前、首相官邸で記者団に「任命責任は私にあり国民に深くおわびする」と謝罪。菅原氏の後任に梶山弘志元地方創生相を充て、早期の事態収拾を図る構えだ。一方、野党側は辞任による幕引きを許さず、引き続き事実解明を求めるなど攻勢を強めている。

 自民党内では「ポスト安倍」の有力候補に挙げられる菅氏への風当たりが強まるとの見方が出ており、党内力学に影響を及ぼす可能性もある。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。