10月25日から一般公開が始まる東京モーターショーでは次世代車の本命であるEV(電気自動車)の展示も相次ぐ。これまでのEVといえば環境負荷の低減の一方、車体の大きさや航続距離を懸念する声も多かった。今回のモーターショーでは、小型化に加え、災害時の利活用についてもクローズアップされている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り861文字 / 全文868文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。