東京モーターショーが10月24日に開幕する。「100年に一度の大変革期」と言われる自動車業界には「CASE」の波が訪れている。それを反映するかのように、各社が展示するコンセプトカーの中で目立つのが、自動運転時代を想定した「ハコ型」モデルだ。多様な使い方に対応できる「動く部屋」がクルマの新しい価値になる時代が近いことを示している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1128文字 / 全文1136文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。