130年で初の黒人主将

 それから24年。W杯準々決勝の日本戦で、マンデラ、ピナールと同じ背番号「6」をまとった大男は、肩を組み、目を閉じて上を向きながら、国歌を熱唱した。シヤ・コリシ。28歳。同国ラグビー130年の歴史の中で、初の黒人主将である。

 95年の優勝をきっかけにラグビー人気は急激に高まり、スプリングボクスのメンバーに選ばれることは南アフリカの多くの少年にとっての夢になった。コリシもその1人だ。貧しい幼少期を過ごした。12歳で出場した試合でスカウトされ、奨学金を得ながら進学してラグビーを続けた。

 今や南アフリカにとってラグビーは白人だけのスポーツではなく、人種を超えて裾野が広がっている。ラグビーの国際団体であるワールドラグビーによれば、国・地域別の競技人口(各国ラグビー協会への登録者数)は南アフリカが約63.5万人で世界1位。2位のイングランド(約35.5万人)、3位のオーストラリア(約27.2万人)を大きく引き離している。日本は約10.9万人で世界11位にとどまる。

 もともと力強いフィジカルが特徴だった南アフリカ代表は、競技人口の増加を背景とした層の厚みが加わり、2007年には2度目のW杯制覇をなし遂げた。前回大会では予選プールで日本に「ラグビー史上最大の番狂わせ」ともいわれる敗北を喫したものの、決勝トーナメントに進み、3位の成績を残した。

 分断を乗り越え、少年の夢となったチームは、12年ぶりの優勝杯奪還を目指している。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。