JR中央線の三鷹駅からバスで約15分。閑静な住宅街を抜けると企業ロゴも看板もない巨大な建物が突然現れる。この建物はNTTコミュニケーションズ(NTTコム)が運営する東京第11データセンターだ。10月上旬、NTTコムはこの施設を報道陣に公開した。

NTTコミュニケーションズが公開した東京第11データセンターの内部
NTTコミュニケーションズが公開した東京第11データセンターの内部

 2020年9月にサービスを開始した東京第11データセンター。敷地面積で1万4200平方メートルとなる大規模施設だが、無人受付と生体認証を組み合わせてセキュリティーを高め、従来のデータセンターよりも入館に要する時間を大幅に短縮できるのが特徴だ。季節に応じて空冷と水冷を切り替える空調機を導入し、消費電力も従来に比べて約6割削減したという。

指紋認証でラックから訪問者自身が鍵を取り出せる
指紋認証でラックから訪問者自身が鍵を取り出せる

 国内では現在、クラウドサービス事業者によるサーバー投資が活況だ。これまで自社サーバーを主に利用してきた企業が、新型コロナウイルス感染拡大後の在宅勤務拡大などを理由にクラウドサービスも併用したハイブリッドクラウド利用を進めている。

 ここに来て、データセンターの国内回帰の動きも出ている。情報漏洩対策の観点からユーザー企業が個人情報保護を強化しており、国内の顧客データの海外移転が難しくなってきた。

「新宿から30分」にこだわる理由

 需要の高まりを受けてデータセンターの新設を決めたNTTコムだが、こだわったのが「新宿から30分」という立地だ。これまではレイテンシー(遅延)が少ない都心部や、設置や運営コストが安い地方が多かったが、その中間である住宅街近くに建設した。あえて都市近郊にデータセンターを設けたのはなぜか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り787文字 / 全文1442文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。