「信頼できる多くのパートナーと連携を進めるために、小田急カラー(青)ではない黄色を使い、小田急という名称も使っていない」

 小田急電鉄の星野晃司社長は10月7日に同社が発表した次世代移動サービス「MaaS(マース)」のスマートフォンアプリ「EMot(エモット)」を発表する会見でそう強調した。

 MaaSは鉄道やバス、タクシーなどあらゆる移動手段をデジタルでつなげて円滑な移動を促すサービスだ。小田急が新たに開発し、10月末から実証実験を始めるエモットでは、目的地への経路検索をした際に、鉄道やバスを使った行き方を示すだけでなく、タクシーやシェアサイクルを利用した経路も表示。連携しているタクシー会社などのサイトやアプリに移行して予約や決済もできるようにした。

エモットの検索画面。目的地を入力すると鉄道だけでなく、タクシーも使ったルートが表示された
エモットの検索画面。目的地を入力すると鉄道だけでなく、タクシーも使ったルートが表示された

 また、同社が乗り入れる箱根ではバスや芦ノ湖の観光船が乗り放題になるチケットを購入可能で、現地ではスマホ画面を提示するだけで従来よりもスムーズに周遊できるようになる。円滑な移動だけではなく、沿線の新宿駅や新百合ヶ丘駅(川崎市)では駅構内のおにぎりやそばなどの飲食店を定額で利用できるサービスも展開する。

 小田急グループの電車・バスの利用や箱根観光の促進であれば、小田急の「色」を存分に出してもよさそうだが、小田急の狙いはその先にある。それが冒頭の星野社長の発言だ。

 今後の少子高齢化や人口減少などを見据えて、鉄道やバス、その他の交通機関でのシームレスな移動を可能とするMaaSに取り組む企業は少なくない。東急や東日本旅客鉄道が静岡・伊豆で観光型マースの実証実験を進めてきた「Izuko」や、西日本鉄道がトヨタ自動車と開発した「my route」のように専用のアプリも次々と開発されてきている。一方で、事業者ごとに取り組みが異なることから「ガラパゴス化」との指摘もあった。

 このような中で、小田急が重きを置くのは、できるだけ多くの企業と連携することだ。小田急はエモット開発にあたって、経路検索のヴァル研究所(東京・杉並)や日本航空、ジャパンタクシー(東京・千代田)など約10社と連携し、各社の交通データやフリーパスをはじめとした電子チケットの検索や予約などの機能を提供するデータ基盤「MaaS Japan」を作ってきた。

エモットの画面を示す小田急電鉄の星野社長(右から2人目)
エモットの画面を示す小田急電鉄の星野社長(右から2人目)

 小田急は、他の交通事業者などがエモットを利用できるようにするほか、他の交通事業者や自治体が開発するMaaSアプリもMaaS Japanに接続可能にすることで汎用性の高い仕組みづくりを進め、エモットをはじめとしたMaaSアプリ利用者の利便性を高めたい考えだ。

 10月末には、浜松市に拠点を置く遠州鉄道がエモットを利用した電子チケットの発行を始める予定で、九州旅客鉄道も実証実験を検討している。「行きたいときに行きたい場所へ」(星野社長)を目指すためには、さらに広い範囲で多様な交通事業者との仲間づくりが必要となる。小田急版MaaSは企業間の壁を越えられるか。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。