相鉄バスは10月5日、一般客を乗せて大型バスの自動運転を実施した。運転席を無人とし、遠隔監視で操作する営業運転の実現を目指しており、実現できれば日本初という。これは自動運転の「レベル3」を想定したものだ。自動車大手の多くは遠隔監視が不要な「レベル4」を目指している。バス業界は一気にそこまで進まず、まず遠隔監視による自動運転を実現させ、人手不足などの解消に期待を寄せる。

相鉄バスは大型路線バスを改造した自動運転バスを使って営業運行を実施
相鉄バスは大型路線バスを改造した自動運転バスを使って営業運行を実施

 「1人の運転士が何台ものバスを遠隔監視・操作できるようになれば、10年前から課題になっている運転士不足が解消でき、路線の維持につなげられる」。相鉄バスの菅谷雅夫社長は、群馬大学発のスタートアップ企業、日本モビリティ(前橋市)と組んで自動運転バスの開発に取り組む狙いをこう話す。

 同社は2019年に自社保有の大型路線バス1台に日本モビリティの自動運転システムを搭載させ、共同研究を開始した。自動運転システムを開発する企業から車両を借り受け、期間を区切って実証実験するバス会社は少なくないが、自社保有に踏み切る会社は珍しい。

 20年2月には旭営業所(横浜市旭区)の敷地内に、自動運転のための周回コース(全長290m)を整備。携帯電話の4G回線を使ってバスを遠隔操作する設備も設け、現役の運転士に遠隔操作の訓練を行ってきた。そして今回、国土交通省や警察などの審査を通過し、不特定多数を乗車させる営業運転にこぎ着けた(貸し切り運行のため、乗客から運賃は取らない)。

 運行したのは、よこはま動物園正門と「里山ガーデンフェスタ」というイベント会場を結ぶ約900m。厳密には横浜市が管理する私道だが、来園する自家用車が走行するなど、公道とほぼ変わらない環境だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1214文字 / 全文1931文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。