全1583文字

 「ブラック企業と批判を受けたこと。その後、経営危機といわれるまで経営状況が悪化したことには大いなる反省をしている」

 10月7日に東京都内で開かれた大手居酒屋チェーン、ワタミの記者会見。10月1日に会長兼CEO(最高経営責任者)に就任したばかりのワタミ創業者の渡邉美樹氏は会見で開口一番こう語った。

ワタミ創業者の渡邉美樹氏は10月1日に会長兼CEOに復帰した
 

 同社の新規事業・新事業戦略発表には、100人以上の記者と数十台のカメラが押しかけ、注目度の高さを示した。多くの報道陣が注目しているのは、渡邉氏が6年間の参議院議員生活を経てワタミの経営に戻ってきたことで、同社の経営体質も逆戻りするのではとの懸念があるからだ。

 ワタミは、2008年に居酒屋で働いていた新入社員の女性が過労自殺するなど「ブラック企業」として社会的に大きな批判を浴びた時期があった。13年には民間組織により「ブラック企業大賞」に選ばれたこともある。

 実際、9月末に渡邉氏がワタミのトップに復帰するとの報道が流れた際には、SNSなどで「またブラックのイメージが戻る」「日本を代表するブラック企業に戻らないことを祈る」といった厳しい声が相次いだ。会見冒頭の発言は報道陣やネット上の懸念に先手を打った格好だ。

 渡邉氏は事業のバトンを後進に託して国政へと進出し、「ワタミには1000%戻らない」と言い切っていた。だが実際には、7月に取締役に復帰し、10月1日には代表権を持つ会長兼CEOに就任した。渡邉会長は「政治家としては0点」と参議院議員時代の6年を振り返りつつ、「国会議員時代にできなかったことに基づく事業に取り組みたい」として、2021年に東日本大震災で津波の被害を受けた岩手県陸前高田市に農業テーマパーク「ワタミオーガニックランド」をオープンすることや、外国人雇用の強化などを掲げた。

2021年、岩手県陸前高田市にオープン予定の農業テーマパーク「ワタミオーガニックランド」について説明する渡邉氏
 

 渡邉会長は今後の経営方針として、直営店主体の経営を大きく転換してフランチャイズ(FC)展開にかじを切ると明言。また、高齢者に弁当を配達する宅食事業を伸ばすことで、19年3月期で1%強にとどまっている営業利益率を改善させるという。同947億円だった売上高は22年3月期に1000億円の大台に乗せ、25年3月期には1500億円、29年3月期には2000億円に引き上げ、営業利益率も5%を目指す。「『第二の創業』として新しいワタミを始めたい」と渡邉会長は意気込む。

 会見でSNSでの反応などについて問われると、「反省すべきところは反省する。これからのことを見てほしい。今までのことは一切振り返らない」と言い切った。「なぜ取締役のままではいけなかったのか」との質問には、短く「(代表権を持つCEOでなければ)『経営』ができないからだ」と回答。「将来のビジョンを描くことは難しい。それは創業者が持つ特異な才能だ」と復帰の理由を語った。

 ワタミは渡邉会長が名実ともに「最高権力者」となり、清水邦晃・代表取締役社長兼COO(最高執行責任者)をはじめとした後進のリーダーたちによる集団指導体制から、創業経営者に権限が集中する体制へと回帰した。かつてワタミには労働組合が存在しなかった。しかし、渡邉会長が国政進出した後の16年5月には労働組合が結成された。

 情熱を持ってワタミを立ち上げ、「青年社長」と呼ばれた創業期と比べ、組織は大きくなり、一人ひとりの社員への目配りも難しくなった。会見で渡邉会長は「労働組合がどんな活動をしているか把握していない」と語った。「ブラック」の汚名を返上できるかは、真に従業員を大切にする経営が実現できるかにかかっている。

  
タグ「1分解説」をフォローしませんか

旬の話題やニュースを分かりやすく手短に解説。フォロー機能を設定すると、「1分解説」タグが付いた記事が配信されると画面上で通知されます。「#1分解説」でフォロー機能を設定できます。