長く子どもたちに親しまれているテレビアニメ「それいけ!アンパンマン」の絵本が10月3日、シリーズで初めて電子書籍化された。電子書籍化するのは、テレビアニメ初期のエピソードを絵本化した30作品。第1回放送の「アンパンマンたんじょう」や第2回放送の「アンパンマンとばいきんまん」などで、どこでも手軽に読めることがウリの電子書籍として売り出し、新たな読者層を掘り起こしたい考えだ。

電子書籍化されたアンパンマンシリーズの絵本
電子書籍化されたアンパンマンシリーズの絵本

 紙の絵本はテレビアニメ放送開始翌年の89年から順次刊行してきたもの。出版元のフレーベル館(東京・文京)によると、テレビアニメの原作であるやなせたかし氏オリジナルの「あんぱんまん」を含め、シリーズ累計8100万部超を発行するなどファンに浸透してきた。「あんぱんまん」が現在でも重版を続けるなど底堅い人気を誇る一方で、時代を経て新たな人気キャラクターが続々出てきたことなどで、アニメ絵本の存在感には影が。一部は現在では書店に流通しておらず入手が難しくなっており、紙としての再販も困難だったため、新たな読者層の手に届きにくくなっていた。

 「名作を読めなくなることは、子どもたちのためにも損失」(フレーベル館)。そこでフレーベル館が目を付けたのが電子書籍化だった。電子書籍は手軽に読める上、紙の書籍に比べて製作コストが抑制でき、再び世に送り出すハードルが高くないからだ。インプレス総合研究所の調査によると、電子書籍の2018年度の市場規模は2826億円と前年より26.1%増加。アンパンマンシリーズも急成長するステージで新たな読者獲得を狙っている。

 絵本とは異なるが、文芸春秋は18年12月から「風の谷のナウシカ」や「となりのトトロ」をはじめとしたスタジオジブリの映画作品のコミックを電子書籍として販売。文芸春秋の担当者は「紙媒体は重く持ち運びが難しい面がある。テレビで作品を放送すると電子書籍もSNSで話題になるなど、評判は良好」と話す。

 ただ、電子書籍プラットフォームの「honto」を手掛ける大日本印刷によると、「電子書籍はコミックが主流で、hontoで扱う絵本の種類も何十万冊もある書籍の中の1700冊程度」とまだ少ない。種類だけでなく売り上げもほとんどをコミックが占めており、「絵本はなお紙で読むのが主流で、需要はそれほど大きくない」(honto担当者)。高いブランド力を誇るアンパンマンとはいえ、取り組みは試金石の面もある。

 アンパンマンは1988年にテレビアニメの放送が始まり、第1回放送があった10月3日は「アンパンマンの日」とされている。電子書籍という武器を手に、節目の日に新たな形で一歩を踏み出すアンパンマンはより多くの読者に愛と勇気を届けられるか。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。