自動車販売の業界団体がまとめた2019年9月の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は前年同月比12.9%増の54万8209台だった。10月の消費増税を控えた駆け込み需要の影響は14年4月の前回の増税時に比べ「3分の1程度」(日本自動車工業会の豊田章男会長)との声があったが、増税直前に一定の駆け込みがあったことをうかがわせる。各社の新車投入効果も販売増の背景にはあるとみられる。新車販売の今後を占ううえでは、増税に伴う消費者心理が冷えるかどうかが焦点となりそうだ。

2019年9月の新車販売台数
9月1~9月
登録車34万770612.8262万65712.8
軽自動車20万050313.2152万31143.8
合計54万820912.9414万96853.1
(注)単位台、右列は前年同月(同期)比増減率%

 日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた9月の登録車(排気量660㏄超)の販売台数は12.8%増の34万7706台、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)がまとめた軽自動車の販売台数は13.2%増の20万503台だった。

 ダイハツ工業が7月に全面改良した「タント」や、ホンダが8月に刷新した「N-WGN」などの効果も手伝い、軽自動車は8月に続いての2桁増。一方、登録車は8月の前年同月比4%増から一気に伸びた。一般的には新車を契約したとしても、人気車なら登録まで1カ月程度を有することもあるため、9月の登録数の増加は8月以前の販売動向も一定程度反映されているととらえるのが自然だ。

ホンダの軽自動車「N-WGN」など新型車効果も需要底上げ
ホンダの軽自動車「N-WGN」など新型車効果も需要底上げ

 増税前に盛り上がりをみせたかに見える新車販売だが、1~9月で見れば登録車、軽自動車ともに需要の増加は1桁前半にとどまる。消費増税に備え自動車税を減税し、自動車取得税を廃止する政府の需要変動対策などが一定の効果を上げたというのが、豊田会長の「駆け込みは想定の3分の1」との表現にも表れている。

 もっとも業界が気をもむのは、自動車だけに増税後の反動減が出ることではなく、増税を機にした消費マインドの減退なのかもしれない。かつてほど駆け込みの山は高くなかったかもしれないが、重税感が広がれば家計が支出を抑えることも予想される。そうなれば、「急激な駆け込み需要とその後の反動減を抑える」というシナリオが狂いかねない。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。