米アップルが9月14日(米国時間)に新型スマートフォン「iPhone13」シリーズを発表した。日本や米国では17日に予約を開始、24日に発売する。1年に一度の「お祭り」だけに、発表直後からSNS(交流サイト)上では熱狂するファンの書き込みが相次いだ一方で、進化の乏しさに失望する声も目立った。

米アップルが9月14日(米国時間)に発表した、新型スマートフォン「iPhone13」シリーズ
米アップルが9月14日(米国時間)に発表した、新型スマートフォン「iPhone13」シリーズ

 今回の13シリーズは確かにサプライズに乏しい。アップルはこれまでiPhoneの機能を刷新した翌年は小幅のアップデートにとどめてきた。昨年発表の「iPhone12」シリーズでは、同社で初めて高速通信規格「5G」に対応するなどフルモデルチェンジを実施。今回の13シリーズは、12シリーズのブラッシュアップ版と予想されていた。

撮影機能を大幅強化

 主要な仕様は軒並み強化されている。最大の特徴がカメラだ。

 主力機種で6.1型画面搭載の「13」と5.4型の「13 mini」は2個、上位機種である6.1型の「13 Pro」と6.7型の「13 Pro Max」が3個のカメラを搭載するのは12シリーズと変わらない。

 高めたのは撮影機能。12では上位機種のみに搭載していた「センサーシフト式」の光学式手ぶれ補正機能を備えた。動画撮影では、AI(人工知能)で被写体の動きを解析し視線を向けた先にフォーカスを合わせるような「シネマティックモード」と呼ぶ機能が新たに追加された。

動画撮影の際に、視線を向けた先にAIがフォーカスを合わせる「シネマティックモード」機能を搭載した
動画撮影の際に、視線を向けた先にAIがフォーカスを合わせる「シネマティックモード」機能を搭載した
[画像のクリックで拡大表示]

 有機ELディスプレーのサイズや解像度は12シリーズと同じだが、明るさを向上させた。記録媒体の容量も最低64ギガ(ギガは10億)バイトから128ギガバイトに増えた。電池容量も増加し、省電力化を図ったことで駆動時間が延長。1回の充電で13は2時間半、13 miniは1時間半長く使えるようになった。

 主要部品が進化を遂げた一方、13 miniの最低価格は前モデルと同じである699ドルからに据え置いた。スマホ市場が成熟する中で、買い替えを促したいアップルの思惑が透ける。

5G対応の国や地域は拡大するが……

 一方で、複数の関係者が「予想外」だったと口にするのが「5G」への対応だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り940文字 / 全文1814文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。