安倍晋三首相は11日の内閣改造・自民党役員人事で、菅義偉官房長官ら政権の骨格を代えずに安定を維持する一方、小泉進次郎氏を環境相で初入閣させるサプライズ人事で「挑戦」の姿勢をアピールした。長期政権の総仕上げに向け、「ポスト安倍」候補を要職に配置し、側近の処遇に配慮した。今回の人事に透ける安倍首相の本音とは――。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2888文字 / 全文2909文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。