成長の柱に位置付けてきた車載事業が伸び悩むなど注力する事業がなかなか軌道に乗らないパナソニック。そうした中で、粛々と成長を続けている分野がある。コンセント、スイッチといった配線器具や分電盤などの電設資材だ。同事業は、パナソニックの創業初期に創業者、松下幸之助氏がヒットさせた二股ソケットなどが起源。そんな「祖業」に社内の期待が高まっている。

パナソニック創業初期のヒット商品となった二股ソケット

 「売上高に占める海外比率を高め、2018年度に2000億円だった電設資材事業を、21年度に2500億円、30年度に4000億円まで伸ばす」。9月2日に開かれたパナソニックの電設資材の事業説明会。白澤満・パワー機器BU(ビジネスユニット)長は電設資材事業への期待を口にした。

電設資材事業の成長戦略を説明するパナソニックの白澤満氏

 実際、同事業は優良事業だ。電設資材の代表製品である配線器具は、日本はもちろん、台湾、韓国のほか、東南アジアのほとんどの国で同社がシェアトップ。近年では、インドやトルコで現地企業をM&A(合併・買収)するなど、市場開拓も着々と進む。

 技術が単純なように思われる配線器具だが、製品開発には安全性の高さや各国によって異なる規格についての知識や経験が必要とされ、日本企業が得意とする緻密さや丁寧さが生きるという。そうした強みは収益力にはっきりと表れる。パナソニック全体の営業利益率が5%に満たない中で、配線器具は十数%を誇るという。

 今年5月のパナソニックの新中期戦略の発表会では電設資材を中心とする「空間ソリューション」事業が、今後の成長の柱に位置付ける「基幹」事業に躍り出た。祖業でありながらも、成長期待はそれほど高くなかった電設資材が、見直された格好だ。

 もっとも、それ自体がパナソニックの苦しい現実を浮かび上がらせる。同社は車載などを主力に位置付けようとしてきたが、そうした事業の多くが思惑通りに育っていない。5月の戦略発表会ではこれまで「高成長」事業に位置付けられていた車載事業が「再挑戦」事業に「格下げ」された。

 電設資材事業は、基幹事業に位置付けられたことで「今後、投資は大きくなっていく」(白澤氏)という。創業から100年たってもパナソニックは偉大な創業者の「遺産」に当面、頼るしかないのかもしれない。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。