トヨタ自動車とスズキが28日、資本提携で合意したと発表した。トヨタがスズキに1000億円弱を投じて4.9%出資、スズキも480億円相当のトヨタ株を取得する。2016年に包括提携を検討すると発表してから3年越しで資本提携の合意にこぎつけた。だが鈴木修会長が歩んだ旅路は3年どころではない。庇護者を求め続けること38年、ようやくたどり着いた安寧の地なのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1621文字 / 全文1632文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。