若者を中心とするお酒離れが指摘される中、ノンアルコール飲料市場の乱戦が激しくなっている。7月からお酢を使ってビールやハイボールの風味を再現したノンアル飲料をテスト販売してきたキユーピーは、このほど2021年にも本格販売に踏み切る方針を固めた。

 キユーピーは、マヨネーズなどの調味料大手として知られるが、飲料のカテゴリーでは「新参者」に近い。流通サイドから飲料メーカーとしての認知度は低いこともあり、テスト販売はアマゾンとロハコというインターネット通販を利用して実施した。食品で蓄積してきた売り方のノウハウや、築き上げた販路をそのまま活用できるとは限らない。それでも参入する背景には、ノンアル市場の過熱ぶりがある。

 ノンアル市場は消費者の健康志向を追い風に、18年は09年比で4倍に拡大した(サントリービール調べ)。メーカーにとっても利点のある商品だ。アルコールではないので酒税はかからないが、アルコールに近い値段で売れるため、利益率が高い。ビール市場が縮小する中、ビール各社はこぞってノンアル飲料を発売した。

 19年の消費増税も市場の拡大を後押しした。アルコール飲料が増税の対象となる一方で、ノンアル飲料は軽減税率の対象として消費税率8%に据え置かれたことから需要が高まった。

 さらにここにきて、市場は再び拡大している。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が長くなり、運動不足や食べ過ぎへの懸念から、ノンアル飲料が求められるようになったからだ。「2月から今月まで昨年比2割増で売れている」と大手スーパー、ライフコーポレーションの担当者は言う。

キユーピーがテスト販売で用意したのは3種類のビネガードリンク。炭酸水で割ると、ビールやハイボールといったアルコール風味の飲料になる
キユーピーがテスト販売で用意したのは3種類のビネガードリンク。炭酸水で割ると、ビールやハイボールといったアルコール風味の飲料になる

 キユーピーが7月に発売したのは、3種類のアルコール風味のビネガードリンク。ビール風味の「山吹色ホップ」、ハイボール風味の「琥珀色モルト」、シャンパンロゼ風味の「桜色ベリー」。いずれも炭酸水で割って飲むことを想定している。容量は1本295mlで、価格は1200円(税別)。グラスで約10杯飲めるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り966文字 / 全文1797文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。