サイゼリヤは8月7日、マスクに付ける紙ナプキンを使い、食事中の飛沫拡散を防止する「しゃべれるくん」を考案し、8月後半から全店に導入すると発表した。イラストが付いた特製の紙ナプキンと、客が持参するマスクを組み合わせて口元を覆い、食事中にしゃべっても飛沫が飛ばないようにする。「一般的な対策は『感染しないため』がメーンだが、安心して外で食事をしてもらうには『感染させないため』の対策が重要だ」(堀埜一成社長)とサイゼリヤは訴えている。

口元を隠して食事をするため、紙ナプキンとマスクを組み合わせた
口元を隠して食事をするため、紙ナプキンとマスクを組み合わせた

 サイゼリヤは新型コロナウイルス対策の一環として、食事用マスクのアイデアを社員から募り、試作を進めてきた。しゃべれるくんは3つ目の試作品。マスクを新しく作るのではなく、マスクを利用して飛沫を防ごうと発想を変えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り880文字 / 全文1207文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。