危機に直面し締め直しているというところだろう。

 日本電産が7月21日に発表した2020年4~6月期決算は、売上高が前年同期比6.6%減の3368億7600万円だったが、営業利益は同1.7%増の281億1200万円となった。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、自動車用のモーター関連部品など車載事業が前の四半期(20年1~3月期)に比べ約37%の減収となったが、在宅勤務の拡大でパソコン販売が伸び、連動してノートパソコンなどに使う超小型モーターの売り上げが上がり、一部を相殺した。

(写真:太田未来子)

 本業のもうけである営業利益について、事前の市場予測では前年同期比で30%を超える減益となっていたが、結果的には予測を約100億円上回り、逆風を乗り越える格好になっている。

 この決算から見えるポイントは2つある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1257文字 / 全文1616文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。