香港で国家安全維持法が施行されたのを受けて、台湾への移住を希望する香港市民が急増している。台湾当局はこうした流れを支援し、香港市民を受け入れる体制を整えるも、雇用をめぐる台湾人との競争激化は避けられず、不安を抱えながらの対応となりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1136文字 / 全文1145文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。