ドイツのライカカメラが7月以降、同社ブランドで初となるスマートフォンを日本に投入する。スマホで最大級となる1インチの画像センサーが売りで、デジタルカメラ並みの画質だ。意外なのは、日本市場だけでの発売であること。背景にはあの中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)を巡る米中対立が絡んでいるようだ。

スマホ最大級のカメラによってデジカメ並みの画質を実現する

 「ライカは1972年から日本企業と協業してきた。ミノルタ(現コニカミノルタ)、富士フイルム、パナソニックだ。そして今回、ソフトバンクと一緒に取り組むことになった」

 ライカカメラのアンドレアス・カウフマン社主は、オンラインで新製品「ライツフォン ワン」を発表した。ライカがカメラ、外観、内蔵アプリなど全面的に監修した初めての同社ブランドのスマホという位置づけだ。ソフトバンクが独占販売する。

 1インチの画像センサーはこれまでデジタルカメラの上位機種に使われてきた。一般的なスマホの約5倍のサイズで、多くの光を取り込むことによって被写体の背景を自然にぼかし、暗い場所にも強くなる。価格は18万7920円(税込み、以下同)だ。

 ライカは、世界のカメラマーケットを日本メーカーが席巻していた72年、ミノルタと提携し、フィルムカメラ本体を同社から調達した。デジタル化が進むとパナソニックと組み、現在は同社のデジカメをベースにしたカメラを販売している。2016年には、若い世代でインスタントカメラが流行し「チェキ」で知られる富士フイルムと提携した。いずれの時代も、ライカ自身はレンズ技術に特化し、高いブランドイメージを維持することでしたたかに生き抜いてきた。

 デジカメ市場が縮小し、代わりにスマホで撮影した写真をSNS(交流サイト)などに投稿するライフスタイルが浸透した今、ライカはまた新たなパートナーを選んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1855文字 / 全文2623文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。