全1136文字

6月1日、横浜市の新交通システム「シーサイドライン」で自動運転の車両が逆走した。4日には運転士による手動運転で運行が再開したが、原因はいまだ明らかになっていない。鉄道でも自動運転技術の開発が進む中、「想定外」の事故を生まないための技術の一層の高度化が求められている。