全1371文字
ルノアールは愛煙家にとっての「オアシス」だった (Photo by Naoki Nishimura/AFLO)

 「まさかルノアールが紙巻きたばこを禁止にするとは…」。

 コーヒーチェーン業界に衝撃が走った。「喫茶室ルノアール」などを運営する銀座ルノアール(東京・中野)は30日、2020年4月からグループ全店舗で、紙巻きたばこの喫煙を禁止すると発表した。同社のリリースによると同年4月から全面施行される改正健康増進法への対応と、従業員の健康への配慮が目的という。

 ルノアールといえば、禁煙化が進む都心における愛煙家の数少ない「オアシス」だった。それにも関わらず、大手コーヒーチェーンに先んじて紙巻きたばこの禁止を明らかにしたことは、ネットでも大きな話題となり、TwitterなどのSNSでは「今まで喫煙喫茶が売りなのかと思っていた」「喫煙者の楽園が」と動揺が広がった。

 コーヒーチェーン業界関係者も「ルノアールが禁煙とはよほどのこと。『灰皿とお茶が出てくる』ことこそがあの店らしさと思っていた。喫煙しながら読書をする男性客などとも相性がいいはずだが…これも時代の流れなのかもしれない」と驚きを隠せない。

 大手コーヒーチェーンの中でも紙巻きたばこをめぐっては対応が大きく分かれる。厚生労働省の「平成29年 国民健康・栄養調査」では男性の喫煙率は初めて3割を切ったことが話題となったが、コーヒーチェーンにおける愛煙家のニーズは依然として根強い。ドトール・日レスホールディングスは「ドトールコーヒーショップ」の受動喫煙対策として、(1)完全禁煙、(2)紙巻きと加熱式たばこの喫煙スペースを分ける、(3)加熱式たばこのみ吸える店舗の3種に分けることを明らかにしており、紙巻きたばこを完全には排除しない方針だ。

 一方、ルノアールと同様に愛煙家の支持が根強いサンマルクカフェ(3月末で全国404店)を運営するサンマルクホールディングスの担当者は「正式な決定ではない」と前置きしながらも、「紙巻きたばこを吸える場所は設けない方針」と話す。改正健康増進法が施行されると、飲食のためのスペースと紙巻きたばこを喫煙するためのスペースは完全に分けなければならなくなる。「紙巻きたばこのための対応をすると、座席数も減らさないといけなくなる」というのがその理由だ。

 あるコーヒーチェーン業界関係者は「喫煙率は年々下がっているし、(ルノアールのように)紙巻きたばこを全面的に禁止する流れは広がると思う」との声を漏らした。来年以降、愛煙家にはさらに厳しい状況が続きそうだ。

タグ「1分解説」をフォローしませんか

旬の話題やニュースを分かりやすく手短に解説。フォロー機能を設定すると、「1分解説」タグが付いた記事が配信されると画面上で通知されます。「#1分解説」でフォロー機能を設定できます。

以下の記事も併せてお読みください