オンキヨーホームエンターテイメントの祖業売却交渉の詳細が決着した。スピーカーやアンプなどの「ホームAV事業」を米音響機器大手のヴォックス・インターナショナルとシャープに売却する方針を発表していたが、ヴォックス側が主導権を握る。狙うのはコロナ下で“ステイホーム需要“が高まった米市場。米ネットフリックスなど動画配信大手などの勢いに乗じ、ホームシアター文化の定着を狙う。

 オンキヨーは5月26日、アンプやスピーカーを手掛ける「ホームAV事業」を、ヴォックスとシャープの合弁会社に約33億円で売却すると発表した。同時にオンキヨーはこれまで4割弱を保有していたシャープとのマレーシアの合弁工場の株式や部品在庫を数億円でシャープに売却する。

 事業譲渡先の合弁会社の内訳は明かされていないが、ヴォックスが過半を出資し主導権を握るとみられる。

 オンキヨーはもともと「デノン」「マランツ」などのブランドを擁する米企業にホームAV事業を売却する予定だったが19年に破談になった。本来ファンドの支援を21年3月末に受け2期連続の債務超過を回避する予定だったが、最終的にファンドからの出資を得られず、7月末には上場を廃止する。

オンキヨーの祖業売却が決着した(写真:ユニフォトプレス)
オンキヨーの祖業売却が決着した(写真:ユニフォトプレス)

 「このまま自らの力のみで事業運営を続けていくことはもはや困難」。オンキヨーが26日に発表したリリースには悲痛な文面が並ぶ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2090文字 / 全文2674文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。