NTTドコモは5月19日に新サービス・新商品発表会を開催し、エンターテインメントサービスを強化する方針を改めて打ち出した。しかしエンタメ重視は昨年の5G商用サービス開始時と変わらず、既視感は否めない。足元の契約数は順調に推移しているが、井伊基之社長は「5Gの良さを体感できるサービスが整っていない」と認める。料金値下げの影響を、5Gによる通信量の増加でカバーしていく戦略は道半ばだ。

NTTドコモの井伊基之社長(左)とカプコンの辻本春弘社長COO(右)は、互いに向けて「必殺技」を繰り出した。
NTTドコモの井伊基之社長(左)とカプコンの辻本春弘社長COO(右)は、互いに向けて「必殺技」を繰り出した。

 「波動拳っ!」――。5月19日にNTTドコモが開いた新サービス・新商品発表会で、井伊基之社長が異例のパフォーマンスを披露した。カプコンの辻本春弘社長COO(最高執行責任者)を壇上に招くと、定番の握手ではなく、同社の人気ゲーム「ストリートファイター」を代表する必殺技で向き合ったのだ。

 ドコモの狙いは、運営するeスポーツ事業「X-MOMENT(エックスモーメント)」のてこ入れだ。エックスモーメントは2021年1月から複数のリーグ戦を開催しているが「競い合うゲームタイトルの知名度が低く、愛好者以外には知られていない」(関係者)のが実情だ。そこでカプコンと提携し、一般ユーザーにも有名なストリートファイターのリーグ戦を10月から開催する。

 ドコモがeスポーツに力を入れるのは、高速通信規格「5G」の普及に寄与するキラーコンテンツと考えているからだ。今回の発表会では、この他にライブ配信サービスの刷新やVR(仮想現実)イベントの開催なども挙げた。しかしどれもが昨年の5G商用化前から打ち出していたサービスで、新鮮味に欠けるのが正直なところだ。

好調な5G契約は実力値からかい離

 5G契約数そのものは順調に推移している。ドコモは21年3月末までに250万契約を目標にしていたが、それを上回る309万契約で着地した。5月19日には、既に400万契約を突破したと公表。22年3月末までに1000万契約を目指すとしている。

 とはいえ、通信業界では5Gサービスが支持を集めているという手応えはあまりないようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1963文字 / 全文2816文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。