「え、付き添ってくれるの。すごく嬉しいし、安心する」

 ヤフーに務める鈴木麻未さんは19日、両親のワクチン接種に付き添うため、午後から会社を休んだ。付き添いを親に提案した際に返ってきた言葉から、高齢の親が抱く不安の大きさを察するとともに、休みを認めてくれた会社に対する感謝の気持ちが湧いた。

 同じ神奈川県内に住む鈴木さんの両親は80代で、インフルエンザでもワクチンをあまり打ってこなかったという。新型コロナウイルスのワクチンでは副作用の事例も報じられており、両親だけでなく鈴木さんや2人の姉も不安が強かったが、コロナ禍が収まることはなさそうで、接種することにした。

 だが、両親のワクチン接種の予約が取れた19日は水曜日。娘3人はそれぞれに仕事を持ち、付き添いが簡単ではない。それでも鈴木さんが付き添いのために会社を休めたのは、ヤフーが独自にワクチン接種に対する特別な勤怠制度を設定しているからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1173文字 / 全文1583文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。