全1230文字

 世界初の全自動衣類折り畳み機「ランドロイド」の事業化を目指してきたセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京・港)が23日、東京地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。開発が難航し、資金繰りが行き詰まった。子会社と合わせ、負債総額は約31億8000万円に上る。同社の阪根信一社長はテック系ベンチャーの旗手と目されていただけに、衝撃が広がっている。

 ランドロイドは、AI(人工知能)や画像認識、ロボットアームの技術を駆使し、洗濯後の衣類を1枚ずつ「つかむ」「広げる」「折り畳む」「仕分ける」「収納する」といった工程を経て整理する機械だ。大型冷蔵庫ほどのサイズで、1台200万円ほどの価格を想定していた。

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京・港)の阪根信一社長。背景は、全自動衣類折り畳み機「ランドロイド」の模型(写真=尾関裕士)

 以前は17年度中の発売を目指してきたが開発が難航し延期。続いて、18年度中の発売を目指してきたものの、それもかなわなかった。
 同社はこれまで、海外の投資家も含めて105億円余りの資金を調達しており、パナソニックと大和ハウス工業も出資してきた。阪根社長は両社に追加出資を要請してきたが、発売目標の期日を再三守れない状況下では追加出資を受けられず、ついに資金が底をついた。

 阪根社長は「世の中にないモノを創り出す技術集団」を目指して、11年にセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズを創業。カーボン素材を使用した超高精度・超軽量のゴルフクラブシャフト(18年に親族が経営する会社に事業譲渡)、鼻から挿入していびきや無呼吸を解消する医療用チューブ「ナステント」(事業譲渡先を検討中)など、前例のない商品を事業化。こうした実績があるだけに、テック系ベンチャーの中でも特に注目を浴びる存在だった。

 では、開発を難航させたものは何だったのか。
 「私はひとまず発売すればいいと思うんですが……」。1年余り前、阪根社長は日経ビジネスの取材に応じ、そう漏らした。ロボットアームの開発に苦戦しているという。アームは様々な種類の布を持ち上げられるが、どうしてもつかめない素材があるとのことだった。

 それが、カジュアル衣料品店「ユニクロ」の人気商品「AIRism(エアリズム)」だった。シルクのような肌触りが特徴だが、それだけにロボットアームが扱うのが難しかった。完全な製品を世に出したいと考えるパナソニックは、この点を重く受け止め、発売に難色を示したという。破産手続きの開始を受けて、「ランドロイドの事業は解散する」(セブン・ドリーマーズ広報)。

 新市場の創造に挑んだ著名なベンチャー起業家が倒産に追い込まれたことで、成長の可能性があるベンチャーに「リスクマネーを投じることを敬遠する投資家が増えかねない」(証券アナリスト)と、懸念の声も上がる。

タグ「1分解説」をフォローしませんか

旬の話題やニュースを分かりやすく手短に解説。フォロー機能を設定すると、「1分解説」タグが付いた記事が配信されると画面上で通知されます。「#1分解説」でフォロー機能を設定できます。