全都道府県が緊急事態宣言の対象となったことで、テレワークが一段と広がっている。通信会社によるとインターネットの基幹網の容量に問題はないというが、別のところにボトルネックがある。集合住宅の配線が古いことと、企業が契約している回線の容量が不足していることだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1497文字 / 全文1506文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。