インド政府は新型コロナウイルスの感染拡大により、全土で実施する都市封鎖(ロックダウン)を5月3日まで延長することを決めた。政府は2020年4月に新たな排出ガス基準の「バーラト・ステージ6(BS6)」への切り替えを予定していたが、BS6を満たしていない自動車の販売を一部認める方針だ。だが、すでにBS6を満たすものに切り替えていたスズキにとっては環境規制の「緩和」の追い風はない。コロナショック以前にも景気の悪化で自動車販売が伸び悩んでいたインド市場だけに、先行きは見えないままだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1549文字 / 全文1562文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。