米仮想通貨交換所大手が4月14日、米ナスダックに上場した(©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ)
米仮想通貨交換所大手が4月14日、米ナスダックに上場した(©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ)

 ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の熱狂に新たな薪がくべられた。4月14日に米ナスダックに上場した仮想通貨交換所大手、コインベース・グローバルのことだ。初値は381ドルで、時価総額は759億ドル(約8兆2700億円)に膨らんだ。「経済を映す鏡」である市場はいったい何を織り込んでいるのか。

 コインベースは米国で最大の仮想通貨交換業者だ。ビットコインやイーサリアムなどを扱うほか、仮想通貨の資産管理業務も手掛ける。登録利用者は5600万人で、月間の取引利用者は600万人を超える。この仮想通貨取引のいわば「胴元」が、日本のメガバンクを優に上回る市場評価を得た格好だ(14日時点)。

取引所ビジネスは収益性が高い

 もうけの源泉は交換レートの売りと買いの差だ。仮想通貨の取引は一般的に株式や外国為替証拠金(FX)に比べ差が大きく、交換業者が抜く「さや」も大きい。事実上の「手数料」だ。コインベースの開示資料によると、2020年12月期の純利益は3.2億ドルで、売上高純利益率は25%に上る。

 ただ、例えば先物取引所などを運営する米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループの純利益は21億ドル、売上高純利益率は43%という具合に、もともと取引所ビジネスは収益性が高い。コンピューターシステムでサービスを提供する装置産業で、取引が一定以上に増えれば、利益の出やすいビジネスモデルといえる。

 それでもなお市場がコインベースをはやすのは最近の勢いだ。仮想通貨相場の盛り上がりと歩調を合わせ、2021年1~3月期の売上高は約18億ドルと、すでに2020年通年を超えたようだ。1~3月期の純利益も7.3億~8億ドルと同様だ。事実上の手数料だけでなく、自身が保有する仮想通貨の値上がりも収益を底上げしている。

続きを読む 2/3 仮想通貨、肯定派と否定派が綱引き

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り647文字 / 全文2298文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。