シェアハウスを巡る不祥事からの経営再建を進めるスルガ銀行は2020年4月10日、嵯峨行介・副社長が昇格して新社長になる新体制を発表。副会長に筆頭株主で家電量販大手のノジマの野島廣司社長を迎える。今回の人事を巡っては、取締役の陣容でスルガ側とノジマ側の対立が表面化。野島氏が副会長に就任するなど、双方が折り合う形で落ち着いたものの、スルガ銀経営陣は今後難しいかじ取りを迫られそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1468文字 / 全文1477文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。