株主提案した勝呂文康氏(左から1人目)、和田勇氏(同3人目)ら(写真:東洋経済/アフロ)

 積水ハウスが4月23日に実施する定時株主総会で、米議決権行使助言会社グラスルイスが、阿部俊則会長ら経営の中核をなす4人の取締役選任について反対を推奨していることが9日わかった。2017年に起こった地面師事件の説明などの情報開示を不十分とし、当時社長だった阿部氏らの再任に疑問を呈した。一方で、取締役候補の対案として提示している株主提案からは、現役取締役の勝呂文康氏や前会長の和田勇氏ら4人の選出を支持。2週間後に迫る定時株主総会に向け、委任状争奪戦が激しさを増してきた。

 積水ハウスは大阪市内で開く予定の株主総会で、取締役12人の選任を求めている。いずれも任期を迎える阿部会長や稲垣士郎副会長、仲井嘉浩社長、内田隆副社長ら現在の経営体制の維持を目指す。ただ、これに対し、勝呂氏らが11人の取締役候補を掲げる株主提案を会社側に提示。真っ向勝負の形となり、新たな体制が株主の判断に委ねられている。

参考記事:積水ハウスへの株主提案 「真の目的は会社の正常化」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り788文字 / 全文1219文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。