立命館大学が2023年4月入学の入試から、AI(人工知能)教材を活用した新しい「総合型選抜(AO選抜入学試験)」を始める。対象は経済学部とスポーツ健康科学部、食マネジメント学部の3学部。各学部で必要となる数学の単元を、AIスタートアップであるアタマプラス(東京・港)のAI教材「atama+」を通じて事前に学習し、一定水準の学力に達した学生にAO入試の受験資格を与える。

 atama+の特徴は、AIが一人ひとりの学習履歴を分析して不正解の原因を突き止めたり、弱点を克服するための学習教材を提供したりすることだ。「データ分析」や「数列」、「確率」など各学部が求める単元の習得状況や学力水準をAIが判断し、一定のレベルをクリアしたと見なせば受験資格を与える仕組みだ。

 5月から8月までの間にatama+を使い、志望学部が指定する単元を学習したうえで修得認定試験に合格すれば、秋に実施するAO入試の受験資格が得られる(合格発表は11月)。修得認定試験は繰り返し挑戦できるという。立命館大学の伊坂忠夫副学長は「1日1時間の勉強を15~30日間続ければ、受験資格を得られる」と話す。

立命館大学副学長の伊坂忠夫氏(左)とアタマプラス代表取締役の稲田大輔氏
立命館大学副学長の伊坂忠夫氏(左)とアタマプラス代表取締役の稲田大輔氏

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り463文字 / 全文953文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。