ソニーグループ傘下のソニーワイヤレスコミュニケーションズは4月1日、ローカル5Gを利用した国内初のインターネット接続サービス「NURO Wireless 5G」の提供を開始した。

ソニーワイヤレスコミュニケーションズはローカル5Gを使ったインターネット接続サービスを始めた
ソニーワイヤレスコミュニケーションズはローカル5Gを使ったインターネット接続サービスを始めた

 ローカル5Gは、携帯通信事業者でなくても高速通信規格「5G」の基地局を設置できる新たな免許制度だ。一般的には、工場の敷地内での遠隔監視や遠隔操作など、産業分野での利用に関心が集まっている。消費者向けのサービスは珍しい。

 月額4950円(税込み、以下同)で、データ容量は無制限。無線通信は固定回線よりも速度が遅いイメージがあるが「光ファイバーと比べても遜色ない」と同社執行役員の永井直紀氏は胸を張る。スペック上の通信速度は下り最大4.1ギガ(ギガは10億)ビット毎秒、上り最大2.6ギガビット毎秒で、同じソニーグループの固定回線サービス「NURO光」(下り最大2ギガビット毎秒、上り最大1ギガビット毎秒)よりも速い。

 最大のメリットは、宅内配線が不要で電波を送受信するホームルーターをコンセントに差すだけですぐに利用できるようになることだ。手軽なだけでなく、物理的に光ファイバーを敷設できない集合住宅でも高速な通信を使える点が強みだと永井氏は話す。

 戸建ての場合、最寄りの電柱から光ファイバーを部屋に直接引き込めるが、集合住宅ではそうはいかない。MDFと呼ばれる配線盤までは光ファイバーを引き込めても、そこから各家庭までは、以前からの電話線(メタル線)を使うケースが少なくないという。そこがボトルネックとなり、光ファイバーを使った固定通信サービスを契約しても思ったほど通信速度が改善しないという声があった。特に新型コロナウイルス禍によりテレワークが一般的になってからは、不満はさらに顕在化している。

 NURO Wireless 5Gは、集合住宅の壁面や近隣の電柱にソニーワイヤレスが基地局を設置して建物全体を通信エリア化。基地局までは光ファイバーを用い、そこから先の各家庭までをローカル5Gでつなぐ。いわゆる「ラストワンマイル」を無線に置き換えるわけだ。光ファイバーと同程度の通信速度が出る5Gだからこそ踏み切れたといえる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1012文字 / 全文1921文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。