星野リゾート(長野県軽井沢町)が奈良市の「旧奈良監獄」を高級ホテルとして2021年から運営することが明らかになった。1908年に建てられた赤れんが建築で、17年まで奈良少年刑務所として使われていた。同年には国の重要文化財に指定されている。刑務所をホテルにするというと奇抜なアイデアにみえるが、歴史や文化の要素を宿泊者に感じ取ってもらうことで商機が生まれると判断した。

旧奈良監獄の表門。施設は高級ホテルに生まれ変わる(写真:共同通信)
旧奈良監獄の表門。施設は高級ホテルに生まれ変わる(写真:共同通信)

 旧奈良監獄は明治時代に造られた「五大監獄」の一つ。耐震工事などを施し、客室が数十室程度の小規模ホテルにすることを検討している。れんが造りやアーチ屋根などのデザインを生かしながら、独居房を客室に変える。

 旧奈良監獄は法務省が17年、施設の運営権を別のホテルチェーンなどがつくる特定目的会社(SPC)に委託していた。収益力を高めるため、SPCが新たな運営者を募集し、星野リゾートが参加することで合意した。

 星野リゾートは全国で38カ所のホテル、旅館などを運営している。地域の魅力を生かした施設造りに力を入れており、ユニークな場所も増えてきた。例えば星野佳路代表が「ディープな大阪」と呼ぶJR新今宮駅北側では22年にホテルの新規開業を予定している。

 奈良県では明日香村でも21〜22年をめどに新施設の運営を予定しているほか、九州の湯布院や別府などでも新たな計画がある。施設数は22年ごろまでに約50カ所まで増やす見込みとなった。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。