ソニーは3月28日、平井一夫会長(58)が6月の定時株主総会で取締役から退任すると発表した。平井氏は2012年4月に社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。12年3月期は4566億円もの最終赤字に陥っていた。テレビ事業の縮小やパソコン事業の売却など不採算事業を整理する一方、「感動(KANDO)」をキーワードに感性に訴えるモノ作りにこだわり、18年3月期に20年ぶりの営業最高益へと導いた。好業績を花道に、社長就任6年を終えた18年4月に会長職へ退いていたが、取締役と同時に会長職からも退任する。

6月にソニーを「卒業する」と発表した平井一夫会長(写真:吉成大輔)
6月にソニーを「卒業する」と発表した平井一夫会長(写真:吉成大輔)

 日経ビジネスは今年1月から、平井氏が自身の経営哲学を次世代リーダー向けに伝授する動画レクチャーを連載している。その中で平井氏は、ポストに執着しない理由を明かしていた。

関連記事:ソニー・平井会長が語る「傍流」からの変革

 危機に陥っていた会社を立て直した経営者が、好業績を追い風に長期政権を築き、後に“中興の祖”とも呼ばれるようなケースも少なくない。だが平井氏は「企業や組織のトップは、ある一定の期間で交代することが望ましい」と語る。長期政権になると新しいことにチャレンジしなくなり、目の前の業務を深く考えなくても対処できるようになるからだという。「オートパイロットのような感覚に陥ってしまう」。クルマ好きの平井氏らしく、自動車の機能に例えて説明してくれた。

 そう思うようになった原点は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE、現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の米国法人で10年以上にわたりトップを務めた経験だ。経営のハンドルを握ったのは35歳のとき。若くしてトップに立った平井氏は、苦戦していた米国のプレイステーション事業の立て直しに挑み、成果を上げたが、「5~6年ほどたつと、いくら自分を奮い立たせて毎日のようにチャレンジしようと思っても、どうしてもオートパイロットモードになってくる自分を感じた」と打ち明けた。

 後継者の育成についての配慮もある。「私が君臨することで、(新社長が新しい方向性を見いだす)チャンスをなくしてしまうことはよくない」と、平井氏は話している。

 いずれも「なぜ社長を6年で退任したのか」という質問に対する答えだったが、それは会長職を1年で退任することを決めた背景にも通じるだろう。平井氏は退任の発表文で、「吉田(憲一郎社長)さんのもと、マネジメントチームと社員が一致団結し、ソニーという会社をより一層輝かせていく体制が整ったと確信し、35年間過ごしたソニーグループから卒業することを決めました」とコメントしている。

 大きな実績を残した経営者は、経営の一線を退いても「カリスマ」として直接的、間接的に経営に影響を及ぼす場合もある。平井氏からはソニーの経営への未練は感じられない。経営そのものから距離を置こうとしているようにも見える。

 平井氏は社長退任後、“プロ経営者”として他社の経営に携わらないかという誘いが数多く舞い込んだと明かす。だが、「(SCE米国法人、SCE、ソニーで)3回も経営再建を経験したので、もういいかな」と、その誘いを全て断っているという。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。