瀬戸欣哉CEO(最高経営責任者)の解任から株主総会での復帰というガバナンス騒動に揺れたLIXILグループが、次期取締役候補を選定した。取締役数を現状の14人から9人へと削減し、社外取締役が6人、社内取締役が3人という構成となる。6月に開催する株主総会に提案する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2049文字 / 全文2063文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。