全2095文字

伊藤忠商事によるデサントへのTOB(株式公開買い付け)が14日、最終日を迎えた。デサントの反対表明により、日本では異例の敵対的TOBが繰り広げられてきたが、結果がまもなく判明する。TOBは成立が濃厚で、結果としてデサントは土俵際に追い詰められることになりそうだ。だが感情的に大きくこじれた両社の関係修復は困難を極めており、伊藤忠にとっても先行きは難路が予想される。消耗戦はいつまで続くのか。