パナソニックは8日、東京・港にある「パナソニック東京汐留ビル」の社員食堂で「サステナブル・シーフード」を用いた料理の提供を始めた。国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取り組みの1つ。試食した魚類学者でタレントのさかなクンも「ギョギョウマ!」と絶賛したサステナブル・シーフードとは一体、何だ? 

 サステナブル・シーフードは、海の自然や資源、地域の社会に配慮して漁獲・養殖された水産物。乱獲しないだけでなく、自然破壊が少ない漁法などで捕られ、海洋保全に結びついていることが求められる。養殖でもエサとなる水産物がたくさん必要となることもあり、「養殖だから持続可能というのは誤解だ」と世界自然保護基金(WWF)ジャパンの三沢行弘シーフード・マーケット・マネージャーは話す。サステナブル・シーフードとして流通させるには、天然水産物向けの「MSC認証」や養殖水産物向けの「ASC認証」の取得が1つの基準となる。

8日に提供されたメニューはカキフライ
8日に提供されたメニューはカキフライ

 8日にパナソニックの東京汐留ビルで提供されたのが、カキフライ定食(600円)。宮城県南三陸町戸倉で養殖され、ASC認証を取得しているカキが使用される。WWFジャパンの親善大使を務める、魚類学者でタレントのさかなクンが試食。「ギョギョウマ! 海のミルクですね」と発言し、会場を沸かせた。

サステナブル・シーフードを使ったカキフライを食べるさかなクン
サステナブル・シーフードを使ったカキフライを食べるさかなクン

 実はパナソニックはWWFジャパンや給食業者などと連携しながら1年前からサステナブル・シーフードを社食で提供している。大阪・門真のパナソニック本社の社食で、国内で初めて提供。その後、関西を中心に国内11拠点で展開してきた。月1回のペースでメニューに加えており、今年2月末時点で1万9913食を販売したという。

食堂ではサステナブル・シーフードがアピールされていた
食堂ではサステナブル・シーフードがアピールされていた

 パナソニックでは、2019年度に新たに30拠点の社員食堂で、サステナブル・シーフードを使った料理を提供していく計画。20年度中に国内全拠点への導入を目指す考えだ。

 「社員食堂への導入はあくまでスタート。社員の消費行動を変えたい」とパナソニックブランドコミュニケーション本部の喜納厚介課長は意気込む。国内企業の多くが取り組みを強化するSDGs。その達成にはこうした現場の地道な努力が欠かせない。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。